木造住宅 匠の技術・技能  

技術〜伝統的な木組み

 

長年かけて培われた伝統的な木造工法は木に無理をさせない非常に合理的な技術です。組んでゆくことによって全体的に柔軟で強固なものとなり、さらに湿気に配慮された木造建築は長く持つこととなります。古い民家の深い庇は雨から木を守ると同時に夏の日差しを遮り、冬は日を入れる重要な役割を果たします。

 

 

(右上)材木置き場に置かれた刻み終えた材料

(右下)鴨居差し工法の仕口部分

 

 


東白川の伝統的な民家の工法「鴨居ざし」。

名のとおり分厚い鴨居がそのまま梁や胴差しの役割を果たし「打ち出しホゾ」と呼ばれる長いホゾは柱をつき抜け、組むのに手間がかかりますが引き抜けることはありません。

 

 

 

技能〜文化を継承する

熟練して磨き上げられた技能。

経験がないとわからない微妙な感覚。

 

それは一朝一夕に得られるものではなく、言葉だけでは伝えることが困難、ひたむきに積み重ねてようやく身に付いていくものです。

それがあってはじめて伝統的な木組みは実現します。近年、多くの作業を機械が担うようになり、個人の手作業での技能に頼る物造りは減っています。自然素材を人の手で加工して造る。そんな物造りの伝統と技術を継承していきたいと考えています。
 


 
運営元 | リンクについて | 著作権 | 制作管理

 
Copyright(c) 2007 田口営繕 All rights reserved.